ACADEMY アカデミー

アカデミー

地域・クラブの未来を担う選手の育成のために

カターレ富山には、トップチームの下部にU-18(ユース/18歳以下)やU-15(ジュニアユース/U-15以下)のチームで構成されるアカデミー(育成活動)と、幼児から大人までの幅広い年代を対象にしたサッカー教室を行うスクール(普及活動)があります。

カターレ富山では、サッカーを通じて、青少年の健全育成やスポーツ振興、地域活性化などに貢献し、ふるさと富山が一層元気になることを目指しています。

その一つとして2009年度より、子供たちの夢(目標)づくりに貢献できるU-15(ジュニアユース)、U-18(ユース)の育成チームを保有し、トップチームまたは世界で通用する選手育成と社会で活躍する人間育成を目指してまいります。

育成担当部長 兼 アカデミーダイレクター
山口 直哉

アカデミー組織図

アカデミーのフィロソフィー

関わるすべての人々に勇気と感動を与え続ける。チームワークを大切にし、そしてハードワークを惜しまない。何事もまじめに取り組み、時には我慢強く、時には大胆に打って出る。それこそが美しさだと信じています。

価値観

  • 献身的(まじめに我慢強く、自分の力を尽くす)
  • 意欲(積極的に大胆に行動する)
  • 志(信念を貫き、他者への尊重と感謝を)
  • 自立(自ら考え行動し、当たり前のことを当たり前にやる)
  • チームワーク(クラブ愛)
  • 楽しむ(サッカーをスポーツを人生を)

 

人間形成

競技力向上を図るとともに、フロントスタッフとの交流をはじめ、社会貢献活動やカターレ富山ホームゲームにおけるボランティア活動に参加することにより、礼儀や思いやり・協力の精神の涵養などに努め、心身の健全な成長を促す。