公式記録

2009Jリーグ ディビジョン2 第21節

日時:2009年6月14日(日)14:04キックオフ 会場:大阪長居スタジアム

【入場者数】 8,403人 
【天候】 晴、弱風 【気温】 28.1℃ 【湿度】 47%
【ピッチ】 全面良芝、乾燥 
【試合時間】 90分

カターレ富山
3 1 前半 0
2 後半 2
2
セレッソ大阪
24 → 27 勝点 46 → 46
15石田(5分)、27舩津(63分)、7朝日(89分) 得点者 3チアゴ(69分)、25黒木(80分)
楚輪 博 監督 レヴィー クルピ
選手名 番号 シュート数 ポジション シュート数 番号 選手名
45 90 90 45
中川 雄二 1 0 0 0 GK 0   0 21 キム ジンヒョン
小田切 道治 22 0 0 0 DF DF 0 0 0 5 前田 和哉
濵野 勇気 6 0 0 0 1 1 0 3 チアゴ
堤 健吾 3 0 0 0 0   0 2 羽田 憲司
舩津 徹也 27 0 3 3 MF 2 1 1 17 酒本 憲幸
渡辺 誠 8 0 0 0 MF 1 1 0 25 黒木 聖仁
長山 一也 5 0 0 0 2   2 10 マルチネス
朝日 大輔 7 1 2 3 1 1 0 19 石神 直哉
川崎 健太郎 14 1 1 2 4 1 3 8 香川 真司
永冨 裕也 11 0 0 0 FW FW 3 2 1 7 乾 貴士
石田 英之 15 2 1 3 1   1 15 小松 塁
GK 橋田 聡司 31       SUB 0 0 0 1 GK 多田 大介
DF 江﨑 一仁 28 0 0 1 1 0 4 DF 藤本 康太
MF 景山 健司 16   0 0       6 MF 濱田 武
MF 今井 大吾 20             13 MF 平島 崇
FW 桜井 正人 30   1 1       20 FW 西澤 明訓
OUT   IN 交代選手 IN   OUT
11 永冨 裕也 30 桜井 正人  59 3 1 多田 大介 2 羽田 憲司 
27 舩津 徹也 28 江﨑 一仁 68 41 4 藤本 康太 15 小松 塁
14 川崎 健太郎 16 景山 健司 74 74 20 西澤 明訓 17 酒本 憲幸
経過 得点者 得点経過 得点者 経過
PK15 右足S 15 石田 英之 5 69 3 チアゴ 中央 直接FK19↑
相手DFクリア3左足S
右CK 14↑中央
相手DFクリア27右足S
27 舩津 徹也 63 80 25 黒木 聖仁 右8↑左19→
中央25右足S
左8→7~中央右足S 7 朝日 大輔 89      

[得点経過の記号の意味]~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート

警告・退場
理由 選手名
C2 永冨裕也 11
C2 堤健吾 17
C1 濵野勇気 66
C1 堤健吾 71
CS 堤健吾 71
     
45 90   90 45
4 8 12 シュート 17 9 8
6 4 10 GK 13 11 2
1 5 6 CK 6 3 3
5 7 12 直接FK 20 11 9
0 1 1 間接FK 0 0 0
0 1 1 (オフサイド) 0 0 0
1 0 1 PK 0 0 0
注1:オフサイド欄には、相手チームのオフサイド数を表示している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。
警告・退場
選手名 理由
0 キムジンヒョン S4
2 香川真司 C3
34 マルチネス C5
40 マルチネス C2
40 マルチネス CS
85 前田和哉 C1
▽警告理由
C1:反スポーツ的行為C2:ラフプレーC3:異議C4:繰り返しの違反C5:遅延行為C6:距離不足
C7:無許可入C8:無許可去
▽退場理由
S1:著しく不正なプレーS2:乱暴な行為S3:つば吐きS4:得点機会阻止(手)S5:得点機会阻止(他)S6:侮辱
CS:警告2回

【楚輪監督コメント】

 試合前に両サイドにボールを追いこんでいこうというプランで試合に臨んだが、前半に相手が少なくなり、こちらが数的優位なった。ボールを動かしてボールポゼッションをしっかりとできれば良かった。
 ハーフタイムには、相手が少ないのでもう1点取っていこう。ボールを動かし、ボールを失わないようにしようと指示した。
 後半は、セレッソ大阪の個々の技術の高さを感じた。乾、香川につききることができなかったが、選手たちは本当によくやってくれたと思う。激しい攻防の中、選手たちは気力を出しきり選手たちはよく頑張ってくれた。選手たちに感謝したい。