next

公式記録

2018明治安田生命J3リーグ 第20節

日時:2018年09月01日(土) 18:33キックオフ 会場:富山県総合運動公園陸上競技場

【入場者数】 2,772人
【天候】 曇、無風 【気温】 25.8.℃ 【湿度】 68%
【ピッチ】 全面良芝、水含み
【試合時間】 90分

カターレ富山
0 0 前半 0
0 後半 1
1
FC東京U-23
23 → 23 勝点 13 → 16

得点者 19平岡 翼(50分)
安達 亮 監督 安間貴義
選手名 番号 シュート数 ポジション シュート数 番号 手名
45 90 90 45
永井 堅梧 1 0 0 0 GK GK 0 0 0 30 廣末 陸
柳下 大樹 19 1 0 1 DF DF 1 1 0 26 柳 貴博
今瀬 淳也 5 0 0 0 0 0 0 22 山田 将之
ルーカス ダウベルマン 15 0 0 0 0 0 0 32 渡辺 剛
代 健司 3 1 0 1 0 0 0 31 ジャキット
椎名 伸志 22 0 0 0 MF MF 1 0 1 51 リッピヴェローゾ
差波 優人 6 0 0 0 0 0 0 40 平川 怜
前嶋 洋太 24 0 0 0 0 0 0 44 品田 愛斗
木村 裕 41 0 1 1 FW 1 1 1 19 平岡 翼
新井 瑞希 10 3 2 5 FW 0 0 0 23 矢島 輝
佐々木 陽次 7 1 0 1 0 0 0 24 原 大智
GK 太田岳志 21       SUB       50 GK 波多野 豪
DF 楠元秀真 4       1 1   41 DF 高橋 亮
DF 谷奥健四郎 28       0 0   43 DF 鈴木智也
MF 川上エドオジョン智慧 14   1 1 0 0   52 MF 芳賀日陽
MF 進藤誠司 20                
FW 苔口卓也 9   0 0          
FW 大谷駿斗 27   1 1          
OUT   IN 交代選手 IN   OUT
7佐々木陽次 9苔口卓也 53 62 52芳賀日陽 51リッピヴェローゾ
41木村 裕 14川上エドオジョン智慧 62 72 41高橋 亮 19平岡 翼
19柳下大樹 27大谷駿斗 68 77 43鈴木智也 31ジャキット
経過 得点者 得点経過 得点者 経過
      50 19平岡 翼 左 31 カット ~ → 19 左足S
           
           
           

※得点経過の記号の意味 【~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート】

警告・退場
理由 選手名
C1 15ルーカス ダウベルマン 42
     
     
     
     
45 90   90 45
6 5 11 シュート 4 3 1
3 2 5 GK 10 5 5
4 3 7 CK 5 3 2
6 1 7 直接FK 8 5 3
0 1 1 間接FK 4 0 4
0 1 1 (オフサイド) 4 0 4
0 0 0 PK 0 0 0
注1:オフサイド欄には、相手チームのオフサイド数を表示している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。
警告・退場
選手名 理由
     
     
     
▽警告
C1:反スポーツ的行為C2:ラフプレーC3:異議C4:繰り返しの違反C5:遅延行為C6:距離不足
C7:無許可入C8:無許可去
▽退場理由
S1:著しく不正なプレーS2:乱暴な行為S3:つば吐きS4:得点機会阻止(手)S5:得点機会阻止(他)S6:侮辱
CS:警告2回
監督コメント
監督 安達 亮

 相手の1点は少しアンラッキーなところもあったが、ただその原因を作ったのは自分たちなので、そこは反省しなくてはいけない。あとは前半から得点のチャンスはあった。先に得点出来ていれば内容が変わったこともあったかもしれないが、それは仕方がないことだし、結果がついてこないことは足りないことがあるということで、もう少し細部を詰めて次の試合に臨みたい。

<苔口選手を投入した目的は?>
 ボールも動かす事が出来ていたので、攻撃のやり方を大きく変える必要はないと思っていた。苔口を入れたことについて言うと、もう少し裏へ抜けだす事を求めた。あとは前線の3人の身長が低く、長いボールが入った時に相手の2センターバックに綺麗に跳ね返されていたので、それも含めて苔口を投入しました。

<今節で手ごたえを感じたことは?>
 前節より押し上げが早かったり、全体がコレクティブに連動できていた。足りなかったことは点が入らなかったことだけだと思っている。それ以外は本当に良く一週間で修正出来ていたと思う。まだまだやらなくてはいけないことはあるし、伸びしろがあるチームなので、足りないところは伸ばしていきたい。ボールを失わないように丁寧に動かしている印象もあったが、その分少し攻撃が遅れるところもあった。そこはバランスだと思う。
 結果も残念だが、入場者数が3700人から2700人に減ってしまったことは非常に残念だった。

選手コメント
MF10 新井瑞希

 今節は中で崩すというよりは、サイドでドリブルを仕掛けてクロスなりシュートなりの感触は前半良かったと思う。ウイングバックの前嶋選手が気を使って中に入ってくれたり、守備も自分の分まで頑張ってくれていたので、サイドから仕掛けることに専念出来た。自分としてはクロスなりシュートにいくところまでは回数を多く出来ていたが、それが最後得点に結びつかなかったので、そこは改善しなくてはいけないなと思っている。
 勝たなくてはいけないチームだし、相手の順位がどうとかではないが、自分たちより下の順位にいるチームには確実に勝って点差を広げていかないとやはり上位に食い込めないので、今日勝点を落としてしまったことは本当に悔しかった。

FW27 大谷駿斗

 負けている状況での途中交代で、絶対に得点を取らなくてはいけない状況だったが、期待に応えられずとても悔しい。2回くらい得点のチャンスはあった。それをしっかりゴールして結果を出さないといけない。前嶋選手からのボールはとにかく相手のキーパーより先に触って、当てるだけのはずだったがディフェンスにもあたってしまった。
 監督からは自分の特徴を活かして点を取ってきてほしいと指示があって出場した。
 今後、結果を残さないと試合にも出られなくなってくる。出られている時にどれだけ結果を残すかで変わってくると思うので、次の試合ではとにかく結果を残したい。