next

公式記録

2018明治安田生命J3リーグ 第17節

日時:2018年07月08日(日) 17:03キックオフ 会場:長野Uスタジアム

【入場者数】 3,130人
【天候】 曇のち晴、無風 【気温】 28.4℃ 【湿度】 80%
【ピッチ】 全面良芝、水含み
【試合時間】 90分

カターレ富山
0 0 前半 2
0 後半 3
5
AC長野パルセイロ
16 → 16 勝点 16 →19
  得点者 23堂安憂(9分)、2松原優吉(38分)
10宇野沢祐次(50分)、23堂安憂(89分)
19三上陽輔(90+4分)
安達 亮 監督 阪倉裕二
選手名 番号 シュート数 ポジション シュート数 番号 選手名
45 90 90 45
永井 堅梧 1 0 0 0 GK GK 0 0 0 21 小澤 章人
前嶋 洋太 24 0 0 0 DF DF 1 1 0 19 三上 陽輔
楠元 秀真 4 1 0 1 1 1 0 3 大島 嵩弘
今瀬 淳也 5 0 0 0 0 0 0 5 寺岡 真弘
代 健司 3 1 0 1 MF MF 2 1 1 2 松原 優吉
差波 優人 6 1 0 1 0 0 0 25 有永 一生
椎名 伸志 22 0 0 0 0 0 0 6 岩沼 俊介
佐々木 陽次 7 1 1 2 0 0 0 14 東 浩史
新井 瑞希 10 1 0 1 FW 2 1 1 23 堂安 憂
川上 エドオジョン 智慧 14 1 0 1 1 0 1 28 松村 亮
才藤 龍治 11 2 0 2 FW 1 1 0 10 宇野沢 祐次
GK 太田岳志 21       SUB       1 GK 田中謙吾
DF 弓崎恭平 16             15 DF 西口 諒
DF 柳下大樹 19   0 0       26 DF 遠藤元一
DF ルーカス ダウベルマン 15       0 0   22 MF 國領一平
MF 稲葉修土 17             7 FW 佐藤悠希
FW 苔口卓也 9   0 0 0 0   13 FW 勝又慶典
FW 木村 裕 41   3 3 1 1   30 FW 萬代宏樹
OUT   IN 交代選手 IN   OUT
11才藤龍治 9苔口卓也 46 59 30萬代宏樹 25有永一生
24前嶋洋太 41木村 裕 54 69 22國領一平 28松村 亮
3代健司 19柳下大樹 72 83 13勝又慶典 10宇野沢祐次
経過 得点者 得点経過 得点者 経過

 

    9 23堂安憂 中央10 ~ → 28 → 23 左足S
      38 2松原優 中央2 ヘディング ↑ 23 ヘディング ↑ 左足S
      50 10宇野沢祐次 中央 相手DF クリア 左 2 ↑ 中央 10 右足S
      89 23堂安憂 左 22 ↑ 13 ~ 中央 ↑ 23 左足S
      90+4 19三上陽輔 中央 30 → 22 → 30 ~ → 19 右足S

※得点経過の記号の意味 【~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート】

警告・退場
理由 選手名
C1 6差波優人 58
C1 14川上 エドオジョン 智慧 62
     
     
     
45 90   90 45
8 4 12 シュート 9 6 3
2 2 4 GK 11 2 9
8 5 13 CK 5 4 1
7 6 13 直接FK 9 6 3
1 2 3 間接FK 1 1 0
1 2 3 (オフサイド) 1 1 0
0 0 0 PK 0 0 0
注1:オフサイド欄には、相手チームのオフサイド数を表示している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。
警告・退場
選手名 理由
 

 

 
     
     
     
▽警告
C1:反スポーツ的行為C2:ラフプレーC3:異議C4:繰り返しの違反C5:遅延行為C6:距離不足
C7:無許可入C8:無許可去
▽退場理由
S1:著しく不正なプレーS2:乱暴な行為S3:つば吐きS4:得点機会阻止(手)S5:得点機会阻止(他)S6:侮辱
CS:警告2回
監督コメント
監督 安達 亮

 富山から足を運んでくれた多くのファン、サポーターの皆さんには本当に申し訳ないと言うしかない。自分が就任してから、今日の試合という訳ではなく、いずれこういった結果になる試合も有り得るだろうとは予想していた。リーグ戦で厳しい戦いを強いられることもあると考えていたので、選手たちにはしっかりと受け止めなくてはいけない事実だということと、今日で前半戦が終わったので後半戦に巻き返しをすることを伝えた。
 前半の最初はボールを持てる時間も多かった。先制点を取れればゲーム内容も変わったと思うが、自分たちのミスで失点してしまった。先制された後も焦ることなく自分たちの狙っているサッカーはある程度出来ていたと思う。2失点目が非常に大きかったと思っている。監督になってから2ヶ月がたち、だいぶチーム状況やクラブ状況等、色んなことを把握出来たので、後半戦に向けてしっかりと準備して今よりも良いチームにしていきたいと思う。

<今節の1、2失点目のような失点を今後どう無くしていくつもりか?>
 攻撃の部分では良くなったことは多くあると思っている。守備の部分もトレーニングしているが、まだまだ足りないと思う。今日の1失点目も慌てる必要はなかったが、ボールを取りに行って2対1になってしまった。それがダメなことはミーティングでも伝えているが、それと試合中に出来るようになることは別なので、守備の部分は根気強くトレーニングしていきたい。2失点目もセットプレーでの失点だった。就任の時も言っていたがセットプレーからの失点は絶対に改善しなくてはいけない。盛岡戦でもセットプレーで失点していたので、やはりまだ守備の部分は改善されていない。トレーニングするしか変わりようが無いので、しっかりとトレーニングを行っていく。

選手コメント
DF5 今瀬淳也

 最初の2失点は自分たちのミスもあったが、最後は防がなくてはいけなかった。後半に入ってすぐに3点目を失点してしまい、その後は自分たちが得点を取りにいった所を狙われてカウンターをさせていた。自分たちがボールを持つ時間が多い時もあったし、セットプレーも多かったが、監督が日頃から言うように両ゴール前でのプレーの質を上げなくてはいけない。今後後半戦を巻き返していく為にもそこは突き詰めてトレーニングしていかなくてはいけない。まだまだやらなくてはいけないことが多い。

MF7 佐々木陽次

 これが自分たちの今の実力だと思う。チームとしてやらなくてはいけないことと個人としてやりたいことは別なので、そこを統一させなくてはいけない。ボールを繋げる自信はあったが、90分たった結果がこういった結果なので、修正したい。
 今日の5失点は、いらない失点もあった。そういった部分を修正していかなくてはいけないが、攻撃の部分もさらにクオリティを高めたい。監督も言っているように両ゴール前での質を高めるために練習からしっかりとやっていくしかない。
 隣県対決ということでたくさんのファン、サポーターが来てくれた。アウェイの借りはホームで返さなくてはいけない。