ホームタウン活動

射水市立大門中学校「壁を乗り越えて夢を叶えるために」に朝日大輔U-15コーチが参加しました

2018年11月21日

 2018年11月16日(金)射水市立大門中学校にて開催されたPTA教育講話会「壁を乗り越えて夢を叶えるために」へ講師として朝日大輔U-15コーチが参加しました。

 会場となった体育館には生徒や先生方、保護者の皆さま含め、なんと総勢700名を超える方々にお集まりいただきました。
 「これだけ多くの方々に向けてお話させていただく機会ってなかなか無い事だよね。」と登壇前には緊張の面持ちであった朝日コーチ。
 しかし、いざ開演すると落ち着いた表情と、現役時代のプレーぶりを思わせる堂々とした立ち居振る舞いで会場の皆さまへ語り始めました。

 将来へ無限の可能性を秘めた中学生は、高校受験を控え、進むべき将来へと通ずる道のりを自身の努力によって「選択」していく年代へと差し掛かります。

 幼い頃のサッカーとの出会いや高校、大学、社会人など各年代ごとに出会った「壁」について回想しつつ、いかにそれと向き合い乗り越えてきたのかについてリアルな体験談を加えながらお話させていただきました。
 自身の好きな「量からしか質はうまれない」という言葉からは、自分の可能性を信じ繰り返し努力してきた人間にこそ夢を掴むチャンスが訪れるという朝日コーチの強い信念を感じる事ができます。
 サッカー経験を基にした講演内容ではあるものの「スポーツ以外の道を志す生徒たちの心にも何かしらヒントとなる物を残せたら..」と願う本人の熱い想いが届いたのか、最後に設けた質問では非常に多くの女子生徒からも様々なご質問をいただきました。
 その一つひとつに対して丁寧に受け答えさせていただき、PTA教育講話会「壁を乗り越えて夢を叶えるために」での約1時間はあっという間に終了いたしました。

 この様な貴重な機会を与えてくださった大門中学校の皆さま、誠にありがとうございました。

大門中学校生徒・教員・保護者総勢約700名を前に、緊張感漂う中講演会がスタートしました。 今回のテーマ「壁を乗り越えて夢を叶えるために」過去の自分を振り返りながら、熱い想いを伝えてくれました。