ホームタウン活動

「ローソンカップグラスルーツ」に選手が参加しました

2018年09月26日

 2018年9月15日(土)、富山県総合運動公園屋内グランドにて開催しました「ローソンカップグラスルーツ(親子サッカー教室)」に楠元秀真選手、佐々木一輝選手、西晃佑選手、前嶋洋太選手、松坂暖選手、服部一輝選手、生駒仁選手、佐藤和樹選手が参加しました。
 前日からの雨で屋内グランドでの開催となりましたが、参加した子供たちは一緒に参加したお父さんやお母さんと楽しそうに汗を流しました。
 始めの親子レクリエーションでは普段からのコミュニケーションの良さを十二分に発揮していただき、その後のミニゲームでは、子供達は攻撃で果敢に選手に立ち向かい、お父さん達は守備で体を張る場面も見られました。選手には3コートに分かれてもらい、それぞれで個々を生かしたプレーを存分に発揮していただきました。選手のプレーを見たお父さん達からは「シュートがえぐい!」という声も聞かれ、間近で選手の凄さを感じていただきました。
 ミニゲームが終わった後の親子の触れ合いと笑顔がとても印象的なサッカー教室となりました。

 関係者の皆様、誠にありがとうございました。

お父さんお母さんが作ったトンネルをいくつ潜れるかな?? 前嶋選手と松坂選手ペアは他のコートより選手が1人少なかったですが、前嶋選手は持ち前の運動量で子供達を翻弄していました。
子供達に攻め込まれた選手達は、ゴール前に寝そべってシュートを阻止する等、笑いを誘う場面も見られました。 試合終了後には選手みんなとハイタッチ!選手の手の位置が高すぎて子供達はジャンピングハイタッチ!!
閉会後には参加した子供達と記念撮影。「頑張れ!カターレ!!」 最後にサイン会を行いました。参加した子供達は選手一人一人に「お願いします!」と、元気よくお願いし、サインをもらっていました。