ホームタウン活動

「わかば保育園 卒園生のつどい」にLeap-Blueが参加しました

2018年08月27日

 2018年8月13日(月)、富山市にある社会福祉法人 わかば福祉会 幼保連携型認定こども園 わかば保育園で行われた「わかば保育園 卒園生のつどい」にLeap-Blueが参加させていただきました。
 この行事は、わかば保育園様が毎年実施されている行事で、園の卒園生の方々が年齢関係なく、夏休みに集まり、アトラクションを観たり、久しぶりの再会での交流を深めたりされています。
 今年はLeap-BlueのOGメンバーも卒園生というご縁もあり出演の機会をいただきました。

 わかば保育園の職員のみなさま、保護者のみなさま、そして卒園生のみなさま 誠にありがとうございました。

まずは、Leap-Blueメンバーが、卒園生のみなさんの前でポンポンを使ったパフォーマンスを披露させていただきました。 引き続き2曲目です。卒園生の中には、ダンスをされている方も数名いらっしゃるとの事で、みなさん真剣に見てくださいました。
パフォーマンスの後には、カターレ富山ホームタウン担当の足助マネージャーより、卒園生の皆さんへ、夢について、少年時代から選手時代、そして選手引退後の今の仕事の事などを伝え、リフティングを披露させていただきました。 足助マネージャーの後には、Leap-Blueの育成クラス講師のリノ先生より、小さい時からダンスを続けて今では大好きなダンスを仕事にしている事を皆さんにお伝えさせていただきました。
2人の夢についてのメッセージを聞いた後は、卒園生のみなさんで各学年にわかれて、みなさんの「夢」をカターレ富山ののぼり旗に書いてもらいました。 卒園生のみなさんの中には、高校生から社会人の方もいらっしゃって、それぞれが将来の夢を書いてくださいました。