ホームタウン活動

「春の交通安全運動出発式」に監督、選手が参加しました

2018年04月06日

 2018年4月6日(金)、富山県議会議事堂前で開催された「春の交通安全運動出発式」に、浮氣哲郎監督と瀧谷亮選手、服部一輝選手が参加しました。

 「ゆずりあう 心でひろがる 無事故の輪」をスローガンに、4月6日(金)~4月15日(日)までの10日間、春の交通安全運動が実施されます。

 昨今、子供や高齢者の交通事故が多発している中、子供と高齢者の交通事故防止運動を基本に、シーベルト・チャイルドシートの着用、飲酒運転の根絶を重点に置き、県内の交通事故防止の徹底を図ります。

 富山県副知事、警察本部長からご挨拶があり、続いて自動車関係5団体から副知事へ目録の贈呈が行われました。

 今年も交通安全サポートチームとして、カターレ富山へ委嘱状が交付され、浮氣監督、瀧谷選手、服部選手がそれぞれ委嘱状を受け取りました。

 その後、県庁前より出発する交通機動部隊を見送り、春の全国交通安全運動出発式が終了しました。

 富山県警の皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

出発式を前に、交通機動部隊を横目に緊張が高まります。 交通安全サポートチームを代表し、浮氣監督が委嘱状を受け取りました。
続いて瀧谷選手、服部選手も交通安全サポーターとして委嘱状を受け取りました。 アームストロング青葉幼稚園の園児達、つるぎくん、メルギューくん、メルモモちゃんと共に交通機動部隊を見送りました。