ホームタウン活動

山室中学校「働く人に学ぶ会」にスタッフが参加しました

2018年02月11日

 2018年2月7日(水)、富山市立山室中学校で実施された「働く人に学ぶ会」に、フロントスタッフの足助翔が講師として参加しました。

 プロサッカー選手になることを志した少年時代から、高校進学・プロ1年目での苦い経験・カターレ富山のキャプテン就任・現職での活動に至るまで、各ターニングポイントを紐解きながらの実体験を基に講話が進み、生徒たちは思い思いにメモを取りながら聞いてくれていました。

 特に「皆と同じ中学1年生の頃、夢を叶えるために何を考えて学校生活を送っていたか」という内容には自身と照らし合わせながら多くの発見があった様子で、静かな教室の中にも生徒たちが懸命にペンを走らせる姿に、秘めた熱い思いを感じる事ができました。

 『夢に向かって自分で考えて決断していく事の大切さ、その決断が周囲と異なっていたとしても恐れる必要はないし、それによって大切な仲間がいなくなることはない。何かに熱中している時の「楽しい!」と感じる純粋な気持ちをいつまでも忘れないでほしい』というメッセージを生徒一人ひとりがしっかり受けとめ、噛みしめてくれていたように映りました。

 山室中学校の皆様、誠にありがとうございました。

サッカーを仕事とする事の厳しさと同時に、楽しさを感じて取り組む事の大切さをお伝えしました。 生徒たちはみんな一生懸命に聞き入ってくれました。ありがとうございました!