ホームタウン活動

「炎のスポーツフェスタ2017」に選手、Leap-Blueおよびライカくんが参加しました

2017年09月20日

 2017年9月18日(月・祝)、富山県総合体育センター、空港スポーツ緑地陸上競技場、富山キトキト空港で開催された「炎のスポーツフェスタ2017」に、代健司選手、ハンスンヒョン選手、萱沼優聖選手、西室隆規選手、西晃佑選手、ホドリゴカベッサ選手、Leap-Blueおよびライカくんが参加いたしました。
 炎のスポーツフェスタ2017は今年初開催のイベントで県内の3プロスポーツチーム(カターレ富山、富山グラウジーズ、富山GRNサンダーバーズが参加予定でしたが、富山GRNサンダーバーズはチャンピオンシップの為、不参加)がショットガンタッチで対決をしたり、各スポーツが体験できるスポーツ体験コーナーやスタンプラリーが行われ、会場にはたくさんのお客様がいらっしゃいました。
 午後には各プロチームの選手が指導するサッカーとバスケットボール教室も開催され、選手たちも子供たちと一緒にスポーツを楽しみました。
 ご来場いただいた皆様、サッカー教室にご参加いただいた子供たち、保護者の皆様、スポーツで健康づくり応援事業実行委員会の皆様、誠にありがとうございました。

ショットガンタッチ対決の選手入場前には、Leap-Blueがダンスパフォーマンスを披露し会場を盛り上げました。 煙幕の中から選手が登場する豪華な演出に、これから始まる対決へのモチベーションが上がります。
カターレ富山からはハンスンヒョン選手、萱沼選手、西室選手、西選手がショットガンタッチ対決に参加しました。こちらは対戦前の記念撮影です。 成功するごとに、ボールまでの距離が少しずつ離れて、大接戦の対決となりました。10月1日(日)15:54~ チューリップテレビでの放送をお見逃しなく!
ショットガンタッチ対決終了後は、ご来場いただいた皆さんとハイタッチをして選手たちは会場を後にしました。 外ではキックターゲットや、ストラックアウト、フリースロー体験を行い、子供たちを中心に様々なスポーツを体験しました。
午後から行ったサッカー教室では、事前募集で参加していただいた子供たちとサッカーを楽しみました。代選手の爽やかな笑顔が印象的です。 ホドリゴカベッサ選手も子供たちに指示を出したり、ゴールを決めたときにはハイタッチをして一緒にサッカーが出来ることを楽しみながらプレーしていました。