ホームタウン活動

高岡市長を表敬訪問しました

2017年08月11日

 2017年8月10日(木)、森野弘樹社長と黒部光昭強化部長、西室隆規選手、ハン スンヒョン選手、が8月19日(土)FC東京U-23戦での市町村サンクスデー『高岡市の日』の開催にあたり、高岡市の髙橋正樹市長を表敬訪問しました。

 最初に森野社長から『高岡市の日』開催にあたり、高岡市の皆様に多大なご協力をいただいていることへの感謝の言葉を伝えました。
 つづいて、黒部強化部長から「現在チームはJ2昇格圏内の2位に位置しています。選手たちは日ごろの練習から本当に良く頑張っています。『高岡市の日』からまた勝利を重ねていきたい」とチーム状況とリーグ後半戦に向けた意気込みを語りました。

 髙橋市長からは「『高岡市の日』ということで市民に特別な配慮をいただき感謝いたします。高岡市としてもみんなでカターレ富山を盛り上げていきたい。リーグ後半戦、一戦一戦大事に戦ってほしい」とエールをいただきました。

 髙橋市長をはじめ、ご対応いただきました高岡市役所の皆様、誠にありがとうございました。

 8月19日(土)FC東京U-23戦の市町村サンクスデー「高岡市の日」では、高岡市にお住まい、お勤めの皆様に特別価格でチケットを販売いたします!!
 試合当日「チケット売り場」にて、高岡市在住、在勤であることが証明できる身分証明書をご提示ください。
 この機会にぜひ、スタジアムへご来場ください!皆様のお越しを心よりお待ちしております!

西室選手からは「試合に向けて日々の練習からしっかりと取り組んでいきたい」と意気込みを語りました。 カターレ富山より記念品として、全選手サイン色紙と鯛の細工蒲鉾を贈呈いたしました。細工蒲鉾はサプライヤーの四方蒲鉾株式会社様にご協力いただいております。
同席いただいた柴田教育次長からも力強い握手で激励いただきました。 髙橋市長から逆にプレゼントをいただきました。何をいただいたかは…秘密です!