ホームタウン活動

「北陸電力新入社員ランチ交流会」に選手が参加しました

2017年04月21日

 2017年4月17日(月)、カターレ富山のオフィシャルパートナーである北陸電力株式会社様の新入社員ランチ交流会に代健司選手と窪田良選手、佐々木陽次選手、西室隆規選手、永井堅梧選手が参加しました。

 北陸電力グループの新入社員(約150名)の皆さんには、前日開催したホームゲーム(FC琉球戦)もスタジアムで観戦していただきました。

 ランチ交流会中には「昨日ピッチで頑張っていたの観ていました!」「マッチデープログラムに写っていましたよね?」等の新鮮な会話で会場が盛り上がり、最後は「サイン&握手会」を実施して楽しい時間を過ごしました。

 新入社員の皆さんは20代前後で、参加した選手たちとも歳が近く良いリフレッシュにもなり、イベント終了後も、「楽しかった!」と選手たちは満足気に会場を後にしました。

 ご参加いただいた新入社員の皆様、ランチ交流会を企画していただいた北陸電力の皆様、誠にありがとうございました。

会場ではプロジェクターを使って、色々ご紹介いただいたり、クイズゲームを企画していただきました。 ランチ前に自己紹介を行いました。昨日のホームゲームでも先発出場したメンバーでしたので、これまでカターレ富山を知らなかった方も覚えてくれていました。
キャプテンの窪田選手は美味しくご飯をいただきながらも、お互い興味津々で質問し合っていました。 普段から積極的にファンサービスを行っている代選手は初対面といった感じがしないほど会話が弾んでいました。
ムードメーカーの西室選手も、同世代ながらも違った環境で働く皆さんとの会話を楽しんでいました。 永井選手にはゴールキーパーならではの質問があったり、最後のサイン会でも「大きくサインしてください!」とお願いされていました。
皆と一緒に「ごちそうさま」をする佐々木選手。本当に美味しいランチと楽しい会話やゲームを企画していただきありがとうございました! 最後は参加していただいた皆様を対称にサイン会を実施しましたので長蛇の列が!元々ファンだった方、今回のイベントで好きになってくれた方、どちらもいらっしゃいました。またスタジアムでお会いしましょう!